精神病の症状と精神年齢が幼いことは別問題ちゃう?

病気になって辛いよぉ。こんなん生きていて価値あるのかなぁ。私は統合失調症を発病してから日々その鬱々しい感情を持ちながら暮らしていましたが、どうもひっかかることがありましてね。

「国がもっと支援してくれたら病気を持ちながらでも暮らせるのに」
「自分のせいじゃない!周りがやれって言ったからやっただけなのに!」

こういうのも含めて精神疾患の症状だと考えるのはどうにもおかしくありませんか?と思う日々なのです。これって純粋に精神年齢の問題じゃないの?

この記事ではそんな精神病の症状と精神年齢の違いについて考え行きます。

精神年齢と精神病の相関性は低い

世の中、精神病の人よりも精神年齢が低い人の方がはるかに多いです。
電車に乗ったら自分のことしか考えていない横着なおじさんとかで溢れていませんか?
体のどこかがぶつかっただの、いちゃもんをつけてくる人とか。
マナーやモラルにかけている人など、そもそもこういのは精神病と関係ないんです。
これは人間性の問題だけで世の中には大人の仮面をつけた子供というのはたくさんいるものなんです。
だから精神病の症状、例えばうつ病でやる気が出ないとか双極性障害でハイな気分でなにかしてしまったりとかは、精神年齢とは全くの別物だと私は考えます。

精神年齢の低い精神病患者は症状と精神年齢の低さを一緒にしている

いわゆる“メンヘラ”と言われている人たちですが(私はあまりこの言葉は好きではありませんが)こちらもどちらかと言えば精神年齢に近い愛着障害だと私は思います。幼児期に親と充分な愛情関係を築けなかったために、例えば男女の付き合いをした時に依存が強かったり、見捨てられ不安による別れる時にトラブルになったりというの愛着障害の症状の可能性が高く精神年齢とは少し違う性質なのかと思います。

どちらかと言うと、症状と精神年齢の低さをごっちゃにしている、「辛いから国が支援するべきだ、国会議員が悪い」「こんなにみんなに辛いって言ってるのに誰も助けてくれない」ここらへん線引きが難しいですが、精神年齢と関係しているかなと思います。

精神年齢の低い人の特徴

基本的に他力本願

精神年齢の低い人にまず挙げられるのはこの他人の力を使って自分の成果に出そうとする他力本願です。「結婚して子供が出来たら働けると思うんだ」こんなの付き合わされる相手と子供のことを考えると不憫です。○○さえしてもらえたら頑張れる、○○があったら頑張れるなどこのような他力本願な発想は精神年齢を探る大きな目安です。

自分ではなく周りの意志決定にしたがう

「周りがやれって言われたからやった、だから周りが悪い」このように自分の意志で自分の決定が出来ないのもまた大きな特徴です。私は自立とは自分の意志決定で自分の未来を切ら開くことだと考えています。これが自立できない状態だと親に意志を決定してもらったりします。

自分の行動に責任を取らない

自分の行動に責任を取りません。自分の非を認めないし謝りません。相手のアドバイスを聞く耳を持たない。でも、数日後のそのアドバイスをこっそり実践したりします。自分ではなく周りに責任があると考えているのです。これは典型的な精神年齢の低さだなと思われます。

メンタルが落ち込んだ時は誰しも弱気になる

しかし、うつで落ち込んだり、不安に押しつぶされそうな時は、誰しも弱気になるし周りに当然助けを求めるし、辛さからからっぽな状態になると思います。また、精神病になったのは環境が悪かった、周りの人が悪かったというのも私も多くの人を見ています。それは私自身もそうだからです。だから、ここらへんが先ほど言った線引きの難しいところで、本当におちてしまったらもうそれどころではないのは大いに私もわかります。「地球が爆発すればいいのに」と本当に思ってました私も。これも私の精神年齢の低さゆえだと思います。

かと言ってそれを口実にし続けると幸せにはならないぞ

しかし、私はそのようなことを考えても、行動していても幸せにならないと思うのです。例えばTwitterでながれてくるこんな理不尽なことあった、モラルやマナーがない人がいた!というのを一生懸命リツイートして幸せになれるんですか?
それってみんなが言うから流れに乗って憂さ晴らししているだけでないでしょうか?

他力本願や自分の行動に責任を持たないで本当に幸せになれるんでしょうか?

精神年齢は意図してあがるわけじゃないけど

今すぐ、精神年齢が上がるわけでもないし、私自身も心の幼さがとても多いです。
でも大切なことは自分が幸せになることなんです。
もし、幸せを感じられなくて自分の精神年齢が関係してると感じることがあったら少しづつ意識して生活してみましょう。なんでもかんでも人のせいにするのではなく自分の意志で自分の未来を決定していきましょう。

この記事のライター <<がじゃまる>>

≪がじゃらぼ≫の執筆・運営をしている、WEBライターの”がじゃまる”と申します。高校時代に両親や友達との葛藤で統合失調症を発症。16歳の春にストレートで隔離室へ。紆余曲折を経て病気を抱えながら大学へなんとか入学・卒業。抑うつと希死念慮を抱えながら商社での一般企業オープン雇用(2014.11~)と結婚(2015.7~)をもとに、精神疾患の悩みや共感をお伝えしてます。

Twitterはこちら>>> @gajamarudesu
お問い合わせ>>>>> お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。