何も面白く感じられなくなったらそのまま振り切れ!

「最近、何をしても面白くなく感じるようになってしまった。テレビをつけてもスマホをいじっても外に行っても何も楽しくない。映画やアニメやゲームも全く面白いと感じられなくて辛い…」

 

こんなこと、感じる人はいないかな?

何をしても面白くない。

世の中に興味関心を全く持てない。

そのことが苦痛で仕方ない。

 

でもどうすればええねん…。

そんな方に私のおススメの対策方法を今回は記事にします。

 

テレビどころかネットすら面白くなかった鬱の時期

私は統合失調症という病気になって治療を受けて主な症状は治まりました。

しかし、この病気はやっかいでどうしても完治せず、私の場合は抑うつが症状として出てきました。

私に起こった興味・関心に関する症状は以下の通りです。

  • 意欲がまるで出ず、全くやる気が起きない
  • 何をしても面白いと思わない。
  • テレビや映画、読書、ネットすら面白くない
  • 以前の自分が好きだったテレビゲームやスポーツ観戦も楽しめない
がじゃ
地獄だ……。

世の中を面白いと感じられなくなったら

その辛さの中で私はふと疑問が浮かんだのです。

がじゃ
興味関心がなくて何が悪いんや

確かに私は興味関心がないことが人生の楽しみを損なっていると考えていたのです。

それは事実なのですが、興味関心がないことを苦しんでいる方が人生の楽しみを損なっていることに気づいたのです。

そこまで気づけば簡単です。

楽しみを見出せない時は絶対ある

もちろん楽しみを見出せない時というのは辛く、そんなの吹っ切れることなんて耐えられないよという方もいるかもしれません。

しかしそんな時は「興味関心を無理やり作り出そうとしている事や失った事実を悔やむ方が逆にストレス」になっているのです。

 

「うつ」とはそういうものなのです。

それよりも生活のリズムを整えて薬を飲んで家で静養して待つことも大切な事です。

 

大切なのはあなたの本当の欲求

それよりも、あなたの興味関心は失ったというよりも「見て見ぬふりをしていた欲求」があるかもしれません。

 

だからこそ言います。

 

 

 

 

 

変態であれ。

 

もう優等生である必要はありません。

あなたのありのままの興味関心=変態であって良いと思います!!!!!!!!

今回はこんな感じで(笑)

この記事のライター <<がじゃまる>> ≪がじゃらぼ≫の執筆・運営をしている、WEBライターの”がじゃまる”と申します。高校時代に両親や友達との葛藤で統合失調症を発症。16歳の春にストレートで隔離室へ。紆余曲折を経て病気を抱えながら大学へなんとか入学・卒業。抑うつと希死念慮を抱えながら商社での一般企業オープン雇用(2014.11~)と結婚(2015.7~)をもとに、精神疾患の悩みや共感をお伝えしてます。 Twitterはこちら>>> @gajamarudesu お問い合わせ>>>>> お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。