抑うつが強すぎる時に将来の不安をするのは損だ!

「この先の事を考えると不安だ」

「将来、結婚できるかな。老後は大丈夫かな」

とにかく、この先のことって不安になりませんか?

将来の自分はどうなるのかなって。

僕はめちゃめちゃ不安でしたよね。

お金のことから結婚からもう何から何まで。

でもね、ある日気づいたんです。

 

先のことを不安に思うのはめちゃくちゃ損だと。

 

不確定な未来の事を不安に思っても解決はしない

では、あなたが安定した余裕がある収入があり、自分を理解してくれるパートナーがいたとして不安は消えるのでしょうか。答えはもちろんNoです。

収入があっても不慮の事故にあえば簡単に命を落とすでしょうし、収入も会社が倒産したり過失で払わないといけないなど、こんなん例えそれを手にしても不安は尽きないと思うんですよね。もちろん、安心はすると思いますよ何もない時にくらべて。

でも、不安ってのは想像したら尽きないものだと思うんですよ。

 

とりあえずどんな人間でも将来は100%死ぬ

僕は死についてとても考えた時期がありました。

自分も自分の周りの人もいずれ死ぬことを考えるだけでうなされて気分が悪くなり夜中突然目が覚めるみたいな。抑うつが酷い時は常に死について考えていました。

そこで、考えて考え抜いて一つだけわかったことがあったんですよね。

 

「まだ、死んでないのに死について考えるのはおかしいんではないか?」

 

ちょっと哲学みたいな感じになってしまいますが、要するに死について考えても仕方がないんじゃないか。だって生きてる以上は必ず死ぬわけだから。

そしたら、まだ起こってない未来のことをどんだけ考えても仕方ないんじゃないかって結論に達したんですよね。

 

今を生きるしかない

もちろん、不安は尽きないですよ。じゃあ、不安に押しつぶされないようにどうすればいいかって考えたら、自分が嘘偽りなく本当にやりたいことをして、それが達成できたら…その間の時間というのは不安について考えないんじゃないかなって。

 

だから、今できる事を真摯に取り組んで、夢中になるのが一番なんじゃないかなって。

それは、大人になって忘れてしまってた“没頭”なんじゃないかなって。

 

子供の頃は何もかもが新鮮で没頭する毎日じゃなかったかなって。

カブト虫を捕まえようとかゲーム上手くなろうとか、そういえば没頭してたなぁって。

その時間って不安なんてもんはなかたよねって。

 

もちろんこの没頭できるものは中々出会えるものではありません。

しかし先の不安を考えるのは起こってもないことなので全くの損であり、むしろ没頭することが大切なのではないかと私は考えます。

 

先の不安を潰すために行動することも大切ですがあなたが本当にしたいことで今を充実させて今を生きる方がはるかに大切なんじゃないかって。

 

もしも、この先の不安に押しつぶされそうな方、どうかこの“没頭”という意味で今を生きる事を頭の片隅に入れておいてください。今は納得できなくてもどこかで納得できる日が必ずあります。あなたの不安が少しでもなくなりますように。

 

この記事のライター <<がじゃまる>>

≪がじゃらぼ≫の執筆・運営をしている、WEBライターの”がじゃまる”と申します。高校時代に両親や友達との葛藤で統合失調症を発症。16歳の春にストレートで隔離室へ。紆余曲折を経て病気を抱えながら大学へなんとか入学・卒業。抑うつと希死念慮を抱えながら商社での一般企業オープン雇用(2014.11~)と結婚(2015.7~)をもとに、精神疾患の悩みや共感をお伝えしてます。

Twitterはこちら>>> @gajamarudesu

お問い合わせ>>>>> お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。