統合失調症を恋人に告白したら実際どうなったか?

どうも、精神病をよく考える・統合失調症ブロガーのがじゃまるです。

今回は、私の体験談ですが「恋人に統合失調症であることを初めて告白した話」をいたします。

この病気をカミングアウトするというのはデリケートかつ重大な話だと思うので、私の体験が少しでもみなさまの参考になればと思いお話いたします。

同じような状況にあったり、恋人ができた時にどう説明すればいいか全く見当がつかない方など是非最後までお読みになってください。

大学生の時に統合失調症を恋人に告白した

まず最初に当時の状況から

  • 私  当時29才 大学三年生(病気のため進学にかなり遅れたため)
  • 彼女 当時22才 大学四年生

私と彼女は大学時代に知り合いそのまま同棲していました。

私はアルバイトしながら教員免許取得のために勉強をする毎日です。それまで彼女には病気のことは説明していません。

持病があるから薬を飲んでいるとだけ説明していました。

しかし、当時のアルバイト先でトラブルが起こって巻き込まれました。私には極度のストレスがかかりました。

さすがに限界で病気独特の急性期のようなざわつきが体をかけめぐり、彼女に調子が悪いと言って強めの頓服を飲んで丸一日寝て過ごしました。

心配した彼女に病気のことを説明するべき時が来たなと思いアパートで彼女に自分の病気のこと、飲んでいる薬のことを細かく説明しました。

不必要に病気のことを話すべきでもない

当時からですが私は必要なく病気のことを周りに話す気はありませんでした。

不必要な心配をかけたくなかったことと、自分が必要であれば必要な人に話せば十分だと思っていたからです。

それは今でも変わりません。ベラベラと自分のことを語るのもどうかと思っているからです。

そして病気を免罪符代わりに使いたくないという思いもあります。

彼女に話す瞬間は不安しかありませんでした。

これで別れたらどうしよう。

でもその時はそれまで……。

いつか必ず話さないといけない時がくる。

今その時だからちゃんと説明しないといけないと。

彼女の反応は意外な結果だった

私は自分の病気のことを必死に説明しました。

そして、彼女は返事をしてくれました。

「病気であることは、あなたの魅力とは全く関係ない。これからも一緒にいてくれれば何も構わない。」

もう涙が止まりませんでしたね。

自分の中の重荷が全て取れたというか。

彼女は病気であること以上に私の魅力が優ったということでした。

私「この病気の人と付き合うのは大変だよ」

彼女「今まで付き合ってなんとなく人間性がわかっているから大丈夫」

彼女は病気の症状ではなく人間性で判断したようです。

確かにそれは病気とは関係ありません。

受け入れてくれた彼女に感謝するとともにこの人を必ず大切にしようとそれから私も惜しみなく努力をし、彼女を愛しました。

結果的にですが、この4年後に彼女と私は結婚しました。

今では結婚生活も3年目を迎えそろそろ新婚気分も終わったなと思いつつも楽しく二人で暮らしています。

その間に私は入院したり鬱で寝込んだりありますが彼女も少しずつ接し方のコツをつかんできています。

統合失調症の人との付き合い方

彼女に私との付き合い方を聞いてみたのですが特別な事はしていないみたいです。

しかし、体調が悪かったら距離を置いてくれたり希死念慮が強い時は傍にいてくれたり私にとってはとても心強い、心から信頼のおけるパートナーです。

病気への理解も強く、かつ自立心の強い女性なので自分の生きがいや楽しみも自分で作っています。

今回は私の体験談でしたが、私は過去に病気を告白した恋人は今の嫁だけです。

それは、私の中で彼女が一生のパートナーにしなければいけない確信を持ったからです。

すべての方の結果がこの通りではないかもしれません。

しかし、精神病を持っている場合はまず好きだという気持ちを告白することに加えて病気を告白するのは必ずしないといけないと思います。

それはうつ病でも双極性障害でも変わりません。

なぜなら必ず調子を崩す時が来るからです。

誠実に言えば相手があなたの人間性を判断してくれます。

もし、あなたが病気を告白することを悩んでいるのであれば、いつか必ず説明しなければいけない時が来るだろうとだけ心のどこかに思っていればいいのではないでしょうか。

それよりも純粋に人を愛することのほうがはるかに難しいですから。

病気の悩みはそれからだと私はこの体験談から思います。

この記事のライター <<がじゃまる>>

≪がじゃらぼ≫の執筆・運営をしている、WEBライターの”がじゃまる”と申します。高校時代に両親や友達との葛藤で統合失調症を発症。16歳の春にストレートで隔離室へ。紆余曲折を経て病気を抱えながら大学へなんとか入学・卒業。抑うつと希死念慮を抱えながら商社での一般企業オープン雇用(2014.11~)と結婚(2015.7~)をもとに、精神疾患の悩みや共感をお伝えしてます。

Twitterはこちら>>> @gajamarudesu

お問い合わせ>>>>> お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。