【2019年度コスパ最強オススメ配信用マイク】MAONO USBマイク コンデンサーマイク使用レビュー

こんにちわ、今回は高コスパのMAONO USBマイク コンデンサーマイクの使用レビューをいたします。

今までの配信用マイクのコスパの良い商品はソニーのECM-PCV80U エレクトレットコンデンサーマイクロホンが定番でした。よくブログでも紹介されていますね。しかしコストパフォーマンスが良かったのは以前までで今では人気が出たため微妙に値段が上がりました…。(参考までに下記リンクから値段を確認してみてください)

まずは開封前に箱から。梱包も箱もしっかりしており安心感があります。これなら配送での故障もあんまりなさそうです。

では、開けてみて全ての部品を取り出してみます。

パーツとしてはこんな感じ。この段階では組み立てがよくわからんイメージ。

しかし付録の説明書がわかりやすく思ったほど簡単に組み立てできました。

今回このマイクを買ったのはマイク以外にもスタンドと風防がついてることですね。全てセット販売で6000円なのはお財布にも嬉しい。

こちらがマイクの端子部分。USB接続になります。PS4にもPCにも一発で接続できました。

サイズ感はこんな感じでしょうか。アームやネジもしっかり調節できて問題ありません。

僕は今回、初めてコンデンサーマイクを買ったのですがびっくりするぐらい音声がクリアですね。

しかも見た感じが安物にとても見えません。家でこれを見た私の妻も「エライ高いの買ったな〜」と言ってるくらいです。

しかも単一指向性という性能でひとつの向きしか声が入らないです。なのでPS4のボイスチャットをスピーカーで聞きながらマイクを使うという「普通はハウリングするでしょ」みたいなこともできちゃいます。おまけに風防までついてるから恥ずかしいお口周りの雑音もカバーできちゃいます。

ひとつ注意したいのはゲーム実況、配信にはとても良いのですが”歌ってみた”系の動画を取る方はこちらではなくちゃんとしたマイクを買うのがオススメです。

単純に配信やボイスチャットであれば充分すぎるクオリティかと。

というわけでわたし的に二重丸のMAONO USBマイク コンデンサーマイクのレビューでした!

この記事のライター <<がじゃまる>> ≪がじゃらぼ≫の執筆・運営をしている、WEBライターの”がじゃまる”と申します。高校時代に両親や友達との葛藤で統合失調症を発症。16歳の春にストレートで隔離室へ。紆余曲折を経て病気を抱えながら大学へなんとか入学・卒業。抑うつと希死念慮を抱えながら商社での一般企業オープン雇用(2014.11~)と結婚(2015.7~)をもとに、精神疾患の悩みや共感をお伝えしてます。 Twitterはこちら>>> @gajamarudesu お問い合わせ>>>>> お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。